情報がある企業

ローンを組む

マンションは居住用に投資用にと、様々な用途で保有できる便利な不動産となります。ライフスタイルに合わせて広さや間取りを選べることに加え、賃貸に貸し出すことで家賃収入を得ることができるわけです。その賃貸需要に合ったマンションを購入することにより、高い収入を得ることもできれば高い金額での買取をしてもらうこともできるわけです。そのために、居住用に購入するにあたっても、将来的に賃貸で貸すことを視野に入れているのであれば、その需要の多い立地や、借り手が住みやすいと思える間取りを選択することが効果的となります。そしてそのような賃貸需要の多い物件は、買取査定額も比較的高めとなりますし、また仲介での売却もしやすいものとなります。

賃貸経営を行う形でマンションを保有する上での持ち方としてはいくつかのケースに分かれます。例えば将来に渡って安定収入とするのであれば、いかに負担なくローンを返済するかに重点が置かれることになります。一方で短期での売却を行うのであれば、その物件選びに重点が置かれることになります。ポイントとしては、賃貸需要の多い世帯に向けた広さや間取りを選ぶこと、購入価格に対する家賃利回りの高い場所を選ぶことが挙げられます。そしてある程度資金を持っているのであれば、頭金として入れることによって金利負担を減らすことが可能となります。それによって更に利回りを上げることもできるというわけです。所有の仕方により資金計算をすることで、利回りも大きく変えることができるわけです。